鍼は私たちの免疫システムのバランスを取り、自然に病気と闘うことができます。 以下の鍼(生物学的にアクティブ)ポイントは、私たちの免疫システムの働きをサポートするのに役立つツボ(セルフマッサージのポイント)として使用できます。

dacenko_1
イリーナ・ダツェンコ

神経科医、医学の候補者、鍼師/鍼師

腎臓27(KID 27)

Kidney 27は、免疫システムを刺激するスーパースターであり、上気道疾患になりやすい人々に特に役立ちます。 伝統的な中国医学の規範によると、腎臓系は肺の気(エネルギー)を捕捉し、体全体に肺に入るエネルギーである酸素の分配を助けます。 このプロセスが中断されると、体が酸素で適切に飽和されないため、息切れや咳、疲労が発生する可能性があります。

Kidney 27(KID 27)は、鎖骨の下端の高さで、体の前正中線から親指のXNUMXつの直径にあるくぼみにある簡単にアクセスできるポイントです。

コロン11(LI 11)

大腸11は、発熱を抑えるポイントとしてよく知られていますが、風邪、インフルエンザ、免疫不全の予防にも使用されます。 有名な日本鍼灸師の松本喜一子さんの11人は、大腸XNUMXを私たちの体の主要な免疫ポイントと見なしています。

場所は、この領域の感度に応じて決定されます。 最も敏感な領域は、通常、自己マッサージや鍼治療に最も効果的です。 大腸11を肘ひだの外側の放射状(親指の側)の端の近くに配置します。 大腸11(LI 11)の先端の位置を示す図は、以下を参照してください。

肺7(LU 7)

親指を上げます。 これを行うと、親指の付け根にくぼみ(いわゆる解剖学的嗅ぎタバコ箱)が表示されます。 このくぼみから、Lung 7ポイントは、親指から腕までの直径の約7倍です。 この経穴はあなたの体の保護エネルギーを強化するのに役立ち、あなたの免疫システムをアクティブに保つのに役立ちます。

胃36(ST 36)

胃36(ST 36)は、免疫システムを強化し、疲労後の回復に最も効果的な経穴の36つです。 鍼師はこの点を治療プログラムに含めることがよくあります。 胃XNUMXは、膝蓋骨の下の手の距離にほぼあり、突出した脛骨の隣にあります(すなわち、外側にあり、 脚の側)。 時々この点を押すと、不快感や痛みさえも引き起こします。 以下の写真で聖36の場所の詳細をご覧ください。

指圧テクニック(指圧)

  • 指圧を行う前に、XNUMXつのポイントすべてに簡単にアクセスできる快適な位置にしてください(同時に心配しないでください!)。 必要に応じて、親指または人差し指でポイントをマッサージします。
  • Kidney 27から始めて、下に移動します。 したがって、順序は次のようになります。腎臓27>大腸11>肺7>胃36。
  • Kidney 27とStomach 36(両手が空いているため)の場合は、体の両側のポイントを同時に押してマッサージします。
  • 肺7と結腸11の場合は、体の両側のポイントを押して、一方のポイントがもう一方のポイントよりも敏感/痛いかどうかを確認してください。 もしそうなら、指圧セッションをより敏感なポイントに集中してください。 両方のポイントの感度が等しい場合は、両方のポイントを順番にマッサージできます。
  • 各ポイントには少なくとも30秒かかります。 マッサージの動きを十分に強くしますが、鋭い痛みはありません。 この手順はおそらくリラックスしているので、XNUMX日を通して繰り返すことができます。 ただし、無理をしないでください。 このXNUMX分間のセッションを、朝XNUMX回と就寝前にXNUMX回実行します。 疲労感や弱さを感じる日に、セッション数をXNUMX日XNUMX回に増やすことができます。

指圧は、ウイルス、感染症、免疫系の障害に関連する疾患の独立した治療として使用することはできません。 医師に連絡して治療を受けてください! 一部のポイントやテクニックは妊娠の正常なコースを混乱させる可能性があるため、中国医学、鍼治療の専門家に相談することなく、妊娠中にいつでも指圧を使用することは禁止されています。 心と愛であなたの体を扱います!

エネルギーの調和、体の回復とサポート、病気の予防、最適な健康状態を実現する方法について、もっと学ぶ準備ができていますか?

テキスト: イリーナ・ダツェンコ
コラージュ: ビクトリア・マヨロバ

人気の素材

乗った ベータ版 ウェブサイト rytmy.media。 これは、サイトが開発およびテスト中であることを意味します。 これにより、サイト上のエラーや不便の最大数を特定し、将来的にサイトを便利で効果的で美しいものにすることができます。 何かがうまくいかない場合、またはサイトの機能を改善したい場合は、都合のよい方法でご連絡ください。
BETA