何時間も画面を見て疲れたり緊張したりしますか? キッチンにあるシンプルな食材を使用したこれらの6つのアーユルヴェーダプラクティスは、疲れた、緊張した、過労した目を若返らせます。

私たちの目は絶えず刺激され、多くの視覚効果を吸収します。高エネルギーの可視光、つまり電子機器が発する青色光の影響により、毎日過負荷になっています。 この光は私たちが気付いていない方法で私たちの体に影響を与えます:ドライアイ、過度の脳刺激、頭痛、睡眠障害など。

アーユルヴェーダに続いて、目はその明るさと明るさを反映するという点で、太陽のエネルギーに関連付けられています。 太陽は熱の性質があるので、目に優勢です ピッタドーシャ (火と変形のエネルギー)。 したがって、深夜や青色光への曝露など、私たちのライフスタイルの要因は、目の「暖房」の質を高めます。

自然の概日リズムから逸脱し始めると、心と体に不均衡が生じ始めます。 目などの感覚器官は、心身の不均衡の主な原因のXNUMXつであるため、注意が必要です。 それは起こる アティヨガ (過度の使用)、 ひなヨガ (誤用)または ミティ (悪用)。

アーユルヴェーダの治癒の古代の全体的なシステムによると、神父のケア。 ネトラ (目)は心のバランスです。 健康の分野で最も古い科学のXNUMXつであるアーユルヴェーダは、病気を治療するだけでなく、宇宙や自然と調和した生き方によって病気を予防する働きもします。

疲れきった目で、私たちの心は不安とストレスを経験する可能性があり、それは身体のさらなるエネルギーの不均衡につながります。 目が炎症を起こして炎症を起こしているときは、目を落ち着かせるために、ハーブの冷却や毎日の簡単な習慣がよく使われます。

あなたの目を若返らせるためにこれらの6つの簡単な実践を含めてください:

1 冷たい牛乳の湿布

理由: その冷却と重い特性は、目の自然な「熱」または炎症プロセスを減らします。
方法: 綿を含ませた綿パッド(余分なものを絞り出します)を10〜15分間目の上に置きます。 最良の結果を得るには、冷たいオーガニック全牛乳を使用してください。
に適しています: 目が疲れる長い一日の終わりにご使用ください。

2 コリアンダーで水を圧縮

理由: その寒さと解毒特性のため。
方法: 小さじ1杯のコリアンダー種子を1カップの水で沸騰させる。 水が冷めたら種を取り除きます。 朝夕にまぶたを落としてください。 コリアンダーの新しい部分を毎日準備します。 または、より簡単な方法として、緑のコリアンダーの葉を取り、少量の牛乳または冷水で粉砕/混合します。 綿パッドを混合物に浸し、10-15分間目の上に置きます。
に適しています: 夏の暑い日から目が炎症を起こしたり、アレルギーの兆候が見られる場合。

3 ローズウォータースプレー

理由: バラは冷やしてリラックスし、目や顔にスプレーしたバラ水(ローズウォーター)が自然にリフレッシュします。
方法: 定期的に目を閉じてスプレーし、落ち着いてリラックスしてください。 そして、超冷却の効果のために、少量のバラの水を冷たい牛乳と混ぜ、ぬれた綿のパッドで目を閉じて混ぜます。
に適しています: クイック使用。 有機蒸留ローズウォーターのボトルをオフィスの机の上に置いてください。

4 ギー

理由: ギー、または精製油は、内部使用だけでなく外部使用にも役立ちます。 牛乳のように、冷やしたギーが満たされています オジャソム免疫力と内面の力を高めます。 それはまた共通の成分です カハレ; ただし、安全かつ効果的に使用するための有機製品を見つけることが重要です。 ギーはくまを減らします。
方法: まつげを減らすために、まつげのラインと目の下の領域の近くに指で少量を適用します。 目の健康を強化し、その輝きを高め、サットヴァ(純粋なエネルギー)を高めるには、古代のアーユルヴェーダの習慣を トラタカ :快適な姿勢で座って立って、ギーランプの炎を見てください(芯を作り、スタンドに置いて、暖かいギーを注ぎ、それを照らします)。 ランプが目の高さにあることを確認してください。 少なくとも目が裂け始めるまで、数分間点滅せずにランプを観察します。 次に、目を閉じてランプを内側から瞑想します(光はまだ心に残ります)。 これを週に数回行うことで、集中力とビジョンを向上させます。
に適しています: 就寝時の練習。

5 ココナッツオイルによるフットマッサージ

理由: 夜の目を蘇らせます。 アーユルヴェーダのテキストによると、XNUMXつの感覚器官すべてが特定の運動器官に接続され、目は足に接続されています。 足のエネルギーポイントが刺激されると、目が強化されます。
方法: 目の若返りとリラックスした深い睡眠のために暖かいココナッツオイルで足を拭いてください。
に適しています: 就寝時に使用します。 その後、22日前に就寝して目を十分に休めることができれば、特に役に立ちます。

6 目をこする/演習

理由: 目の筋肉を強く、強化し、血液循環を改善する
方法: 目をすばやくリフレッシュするには、手をこすり合わせて、手のひらをまつげにします。 10秒間点滅します。 手のひらから熱が放出されるため、目はすぐにリフレッシュされます。 別の練習として、目をすべての方向にゆっくりと動かしてください。最初は時計回り、次に反時計回りです。
に適しています: XNUMX日の終わりだけでなく、眉毛の周りに緊張を作りがちなXNUMX日の終わりに使用します。

アーユルヴェーダエクスプレスマッサージ:

眉毛の太い部分を親指と人差し指でつまんで、このポイントをゆっくりとリラックスさせます(エネルギーセンターのXNUMXつがあります)。 XNUMX本の指を使って両側のウィスキーをそっと押して(ApangaおよびShangha Marmaマルマポイント)、緊張を和らげることもできます。

出所: spiritualityhealth.com
翻訳: Rhythms Media.ink
コラージュ: ビクトリア・マヨロバ

人気の素材

乗った ベータ版 ウェブサイト rytmy.media。 これは、サイトが開発およびテスト中であることを意味します。 これにより、サイト上のエラーや不便の最大数を特定し、将来的にサイトを便利で効果的で美しいものにすることができます。 何かがうまくいかない場合、またはサイトの機能を改善したい場合は、都合のよい方法でご連絡ください。
BETA