一見すると、「教育」と「痛み」という言葉を組み合わせるのは難しい。 自分の体や潜在意識に耳を傾けることの少ない現代人は、自然からの明確な信号を失い、彼は自分を理解し、自分の体を助ける可能性を与えました。 痛みの教育は、危機的な状況にあっても身体を制御するように人を教えることを目標とする分野です。 結局のところ、痛みは神経生理学だけでなく、知覚にも関係しています。

痛みに注意が必要な理由

すでにマズローのピラミッドの頂点にいる人々のほとんどは、自己実現、開発、創造性などに集中しています。 そして、現代の多動性の人が鋭い痛みに苦しんでいるとき、不快な(そして強度がまったく異なる)感覚を止める最も速くて簡単な方法-錠剤を飲み込んで、ノートブックの無限のリストで実行します。

Підсвідомо ми знаємо, що кожен біль – важливий сигнал нашому організму. Та безпідставно сподіваємося, що зануритися у суть, причини та комплексне розв’язання проблеми цього болючого сигналу нам ще довго не доведеться. Принаймні, ми встигнемо виконати всі свої «to-do».

痛みとは、自分の感情や感情を生きさせるための自分自身の許可です。 「私は存在します! 注意と解決策が必要です!」 痛みを無視することは、別の部屋の火のドアを閉めるようなものですが、それでも危険にさらされています。

痛いの? 痛みに関する教育を受ける方法と理由

痛みの感覚は、身体と脳によって共同で生み出されます。 痛みの原因を見つけられない、またはすぐに緩和して治癒できない場合は、思考と知覚に影響を与えることができます。 痛みの教育は、痛みを和らげ、回復を助けることを患者に教えることを目的としています。 したがって、痛みの科学は介入ではなく考え方であると言えます。

主要な神経生理学者は、痛みの知識を使用して、個々の治療の旅、患者の痛みの歴史を適切に実施します。 同時に医師は「教育は人のために行われるものではなく、人に対して行うものでなければならない」と述べています。

彼女のジョレッタベルトン ブログ 科学とストーリーテリングを通して痛みの感覚について書いています。 彼女は、人間は強いバイオプラスチック生物であると主張しています。 痛みの科学は、どんな痛みも本物で主観的であることの証拠です。 痛みを抱えて生活している人は、たとえ自分の経験を明確にする言葉が見つからなくても、どんな痛みが最も良いかを知っています。 痛みの理由がない、「すべての問題は頭の中にある」、または何もできないと言われると、人々は怒って欲求不満になります。

どういう意味ですか? 医師が、痛みについての話であなたの気持ちが取るに足らないもので安全であるとあなたに言った場合、あなたは痛みに取り組む必要があることを理解し、あなたの気持ちを真剣に受け止め、解決策を見つける専門家を見つけるべきです。

多くの場合、痛みや病気の原因を即座に知ることは不可能であるため、痛みの状態を知ることが非常に重要になります。 そして、不安はそれを悪化させるだけです。

完全な身体的ケアと心理的サポート、研究、診断、安心、そして症状と治療に関する明確な因果関係は、患者が期待し、値するものです。

痛みに関する教育が患者にどのように役立つか

Біль у пацієнтів з онкологією; біль, що пов’язаний із віковими змінами; хронічний; дитячий; нейропатичний та інші види болю, які вже ретельно досліджуються нейрофізіологами на предмет того, чим вони відрізняються та як навчити пацієнтів знати про свій біль більше і допомогти їм легше переживати цей досвід.

痛みが長く続くほど、痛みが激しくなるほど、感情的な要素(つまり、精神状態に影響を与える要素)が増加します。 痛みの可能性のある影響について緊張している可能性があり、回復への期待を大幅に減らします。

私たちが自分の痛みを認識する方法は、個人の経験を形作り、回復の重要な要素になり得ることが明らかになります。

Проте, фізіотерапевт Луї Гіффорд говорить: «Пацієнта, який дізнався від свого терапевта, що його біль насправді не означає жодної хвороби, раптом підскочив із крісла, пішов додому та поїхав на велосипеді вперше за 5 років… просто не існує!»

痛みの教育は、患者と医療専門家の間のギャップを埋めることにも関係しています。なぜなら、それは知的、道徳的、または社会的な指導と支援を与えることを意味するからです。 患者さんがここで今も人生を生きることができ、待つ必要がないことを理解してもらいます。

Наука про біль допомагає пацієнтові відірватися від конкретної частини тіла чи органу, що болить. Натомість мотивує задуматися над причиною, пов’язаною з болем, і чутливою нервовою системою.

学習はどのように行われますか?

XNUMX対XNUMXの相談、グループセッション、ビデオとオーディオのポッドキャスト、情報のパンフレットと本、オンラインサポートグループ、オフラインミーティングなど、幅広い教育活動があります。

痛みの教育は以下に影響します:

  • 患者の痛みの軽減;
  • 彼らの痛みへの態度;
  • 回復速度;
  • 彼らの状態についての恐怖を平準化する;
  • 運動活動と運動を増やします。
  • 心理状態の安定と回復への希望の回復。

痛みは単なる物理的な指標ではありません。 そしてこれは正常です

痛みは単なる物理的な指標ではないことが科学的に証明されています。 専門家は、痛みは単なる侵害受容(神経系の神経線維の活動)よりも幅広い現象である可能性があり、神経学的要素がある可能性があることを示唆しています。

「痛みは格付けやアンケートで書かれた単なる指標ではないことを人々に知ってもらいたい。 痛みは、さまざまな形で現れる可能性のある体験です。 しかし、私たちは自分自身の痛みに影響を与えることができます」と、15年間痛み、運動、リハビリテーションの科学に携わっており、Cor-Cineticを所有しているベン・コーマックは言いました。 ブログ 理学療法と生物心理学のトピックについて。

存在する いくつかの興味深い例、専門家が実際に会った:

  • 彼が入院するまで、戦争で負傷した軍人に痛みは表れなかった。
  • 異なる患者の同じタイプの損傷は、著しく異なる疼痛反応を引き起こしました。 皮膚の切開は他のXNUMX倍の深さで、XNUMX倍の痛みを引き起こしません。
  • ひどい怪我をした人の40%が痛みをまったく感じなかった、または痛みが少なかった理由
  • なぜ、切断者の51%が幻肢痛を報告し、76%が幻覚、たとえば冷感、電気感覚、幻肢運動を報告したか。
  • なぜ最大70%の人が、X線撮影/ MRIの結果に対応する痛みや関連する症状を報告しないのですか?

彼の記事では、「どれくらいの神経科学が本当に必要か?」 ベン・コーマックは、いわゆる「常識モデル」を提示します。 その中心に 痛みに対する個人の態度と人の主観的な態度があります (下の図も参照してください)。

Модель складається з таких п’яти складників:

  1. この痛みとは何ですか?
  2. 何が原因ですか?
  3. この痛みの結果は何ですか? どのような結論を導き出すことができますか?
  4. この痛みをどれだけうまくコントロールできますか?
  5. この痛みはどのくらい続きますか?

ウクライナにおける痛みと実施に関する教育の世界的慣行

国際痛み研究協会- IASP -2018年を疼痛教育における世界的な卓越性の年と定義。 この痛みを伴う、あらゆる意味でのトピックの研究の進歩にもかかわらず、痛みの教育の理解と実施の欠如が依然としてあります。

痛み神経科学教育(PNE)は、患者向け​​のトレーニングセッションで構成されています。 この教育的アプローチは、2002年以来理学療法士によって治療的に使用されてきました。 異なる国、英国、米国、オーストラリアを含む。

PNE змінює сприйняття болю. Наприклад, пацієнт вважав, що пошкоджені тканини є основною причиною болю, та, отримавши освіту про больову нейрофізіологію, зрозумів, що біль може неправильно зображати реальний стан тканини, а може бути наслідком надчутливих нервів. Як результат, у пацієнтів спостерігалося зменшення страху, руйнування пам’яті про біль, пов’язаний із рухом, і збільшувалася готовність рухатися.

ウクライナでは、痛みに関する教育の発展は「胎児期」にあると、医科学の教授であり医師でもあるドミトリードミトリエフ氏は述べた。 VNMUの科学。 ピロゴフと痛み医学ジャーナルの編集長。
このトピックでは、「鎮痛剤「そして医学会からの活動」医者は考えている»。 痛みの教育に関するウクライナのプロジェクトはXNUMX年間存在しています。

VOKVETS(ヴィンニツィア地域臨床内分泌診療所)で最初でこれまでに唯一の「ペインセンター」は、ヴィンニツィアに2019年XNUMX月にオープンしました。施設の役割は、慢性疼痛のある患者を支援することです。 ドミトリードミトリエフは、センターの集中治療室の麻酔科を率いています。
現在、「患者の学校」を組織する計画があり、痛みを克服する方法とそれと一緒に暮らす方法に関する技術を患者に提供することを計画しています。 また、医師と心理学者を結びつけることを計画しているプロジェクトも開発中です。

痛みの神経科学教育は21世紀の概念であり、患者がどのように痛みを感じているかを再考し、現在と現在の痛みを伴う生活を支援することを目的としています。 ウクライナにとって、この医学分野は革新的ですが、もちろん開発の権利と需要があります。

テキスト: ナタリア・ブリロ
コラージュ: ビクトリア・マヨロバ

同様の材料

人気の素材

乗った ベータ版 ウェブサイト rytmy.media。 これは、サイトが開発およびテスト中であることを意味します。 これにより、サイト上のエラーや不便の最大数を特定し、将来的にサイトを便利で効果的で美しいものにすることができます。 何かがうまくいかない場合、またはサイトの機能を改善したい場合は、都合のよい方法でご連絡ください。
BETA