生態系の惑星災害を考慮して使い捨てプラスチック器具を放棄することは、もはや環境にやさしい方法ではなく、緊急の必要性です。 毎年、地面で分解するか、胃で分解する、新しい代替タイプの調理器具が世界に登場します。 食物から作られる最も興味深いXNUMX種類の使い捨て食器を集めました。

ふすまのプレート

10月、ウクライナはBiotremの小麦ふすまから料理を作り始めました。 大量の原材料から、生産者はXNUMX枚のプレートを生産しています。 フォーク、ナイフ、カップも購入できます。 そのような道具もトウモロコシふすまでできており、植物性ポリマーと藻類が密度のためにマスに追加されます。

プレートの特徴は、電子レンジで損なうことがなく、食品と接触しても耐久性があることです。 料理はふすまの匂いがしますが、食べ物の味には影響しません。 ふすまのプレートは動物が食べられ、XNUMXか月で分解します。 このアイデアは、かつて彼の技術がウクライナにも関心を持つことを夢見ていたポーランドの製粉業者Jerzy Wysockiのものです。

ワッフルのコーヒー

これはニュースではないかのように、カップに入ったアイスクリームは非常に一般的なものです。 しかし、昨年、ハリコフ地域の国内企業Lekornaがコーヒー用のワッフルカップを生産し始めました。 この皿はチョコレートの層で覆われているので、飲まれるまで温かい飲み物の行動に耐えることができます。 そして、そのようなコップには、ワッフルで作られた蓋のおいしい蓋があり、ストロー用の穴があります。

メーカーは、プラスチック製のカップとは異なり、コーヒーに何も放出しないので、ワッフル用品は絶対に安全であると述べています。 甘いワッフルが嫌いな人は食べられません-コーヒーを飲んだ後、カップは数日で分解します。 このバージョンの料理はアメリカとヨーロッパで人気があり、私たちはコーヒー愛好家の注目を集めているだけです。

コーヒーカップ

コーヒーかすカップは、ドイツ人デザイナーのジュリアンレヒナーによって発明されました。 彼はベルリンでスタートアップKaffeeformを立ち上げ、昨年その革新的なアプローチで賞を受賞しました。 ジュリアンは、コーヒーの消費量は毎年増加し、その後はより濃厚になると推定しました。 彼はそれをカップの形成に使用し、塊に自然な接着剤を追加することにしました。 施設でコーヒーの残留物を収集し、デザイナーは高圧下で皿を注ぐ技術をテストしました。 ふた、ソーサー、セット付きのグラスを購入できるようになりました。 この料理は厚く使い捨てではありませんが、非常に独創的で環境にやさしいです。

食用カップのスープ

数年前、ウクライナのYevhen Adintsovはワルシャワに場所を開き、そこでベジタリアンクリームスープの準備を始めました。 プラスチックの容器で熱い皿を売るという考えは彼には不合理に思えたので、彼は生地と野菜ジュースから食用グラスを開発しました。 このアイデアは非常に人気が高くなり、フランチャイズに成長しました。
今日では、便利でおいしい容器に入ったスープは、キエフ、ドニプロ、リヴィウでも味わえます。 配達はターレンで行われ、食用グラスは追加で注文する必要があります。

生姜のおいしいスプーン

バナナの葉が伝統的な道具として常に役立ってきたインドでは、食用スプーンが発明されました。 彼らはモロコシ、小麦、米から作られています。 形成された生地は粘土のように焼き上げられ、人が食べるのに十分な時間液体との接触に耐えることができます。

発明者の名前はナラヤナ・ペサパティで、彼のスタートアップはバケイズです。 ナラヤニがダルを食べなければならず、乾燥したトルティーヤ(チャパティ)でそれをすくい上げたときに、このアイデアは自然に生まれました。 インド人は投資家を見つけ、アイデアが生まれてからわずか数年後に食器の生産を開始することができました。

料理はいくつかのバージョンで利用可能です:新鮮で、砂糖と塩が付いています。 バイヤーには、スターアニス、ショウガ、ニンニク、セロリ、シナモン、その他のスパイスの味のスプーンが提供されます。 誰かがそれを好きなら、あなたは生地を噛むことができます。 別のオプションは、堆肥にするために捨てることです。

この発明は世界中の多くの国で需要があり、バキーズはもはや注文を受ける時間はありません。

同様の材料

人気の素材

乗った ベータ版 ウェブサイト rytmy.media。 これは、サイトが開発およびテスト中であることを意味します。 これにより、サイト上のエラーや不便の最大数を特定し、将来的にサイトを便利で効果的で美しいものにすることができます。 何かがうまくいかない場合、またはサイトの機能を改善したい場合は、都合のよい方法でご連絡ください。
BETA