自己免疫疾患は現代の社会流行です。 今日、100以上の自己免疫疾患があり、そしてAARDA(American Association for Autoimmune Diseases)は、 50万円 アメリカ人はXNUMXつ以上の自己免疫疾患を持っています。

しかし、なぜこれが起こっているのでしょうか? 自己免疫疾患を発症するリスクのXNUMX分のXNUMXは遺伝的素因によって引き起こされますが、残りのXNUMX分のXNUMXは食事、ライフスタイル、環境によるものです。

専門家は、特定の食事要因、食品の選択、およびライフスタイルが自己免疫疾患の鍵であることを認識しています。 また、自己免疫疾患を管理およびケアできることも意味します 退行 単に食事を変えて、睡眠、活動、運動をもっと意識することによって。

記事の内容:

  • AIPとは
  • AIPは他の食生活とどう違うのですか?
  • AIPのアイデア、目標、戦略、焦点
  • AIP自己免疫プロトコルのしくみ
  • AIPに適した人と適していない人
  • AIPダイエットの長所と短所
  • 研究と可能性
1 AIPとは

自己免疫プロトコル(AIP)は、慢性疾患の治療に対する補完的なアプローチであり、免疫システム、ホルモン、腸のバランスのとれた機能に必要な食物資源を身体に提供し、同時に栄養とイメージから炎症刺激を排除します。人生の。 つまり、AIPダイエットはバランスのとれた完全なダイエットを形成し、洗練された加工食品や空のカロリーを避け、ライフスタイルではAIPが推奨します。 食品には、健康を促進する成分(栄養素)と健康を損なう成分(炎症性化合物)のXNUMX種類の成分が含まれていると考えられています。 健康を強化または害しない種類の成分もありますが、それらは食品の利点と価値の評価に使用されません。

確認されている自己免疫疾患はXNUMXを超え、自己免疫由来の疾患はかなりの数あります(全リスト) ここで)。 すべての自己免疫疾患の根本的な原因は同じです。微生物の侵入から私たちを守ることになっている免疫系が私たちを攻撃し、タンパク質、細胞、組織を攻撃します。 しかし、どのタンパク質、細胞、組織が火事になり、自己免疫疾患とその症状を決定します。 たとえば、橋本の甲状腺炎では甲状腺が攻撃され、関節リウマチでは関節の組織が、乾癬では皮膚に含まれる細胞層内のタンパク質が攻撃されます。

どのようにして免疫系が混乱し、自分の体を攻撃することができますか? 自己免疫(免疫系が本来の組織を攻撃する能力)は比較的一般的な「事故」であることが判明しています。 約30%の人は、いつでも血液中に測定可能なレベルの自己抗体(抗原の代わりに(またはそれに加えて)体内の特定のタンパク質に結合する抗体)を持ちます。

この失敗は非常に一般的であるため、私たちの免疫システムは自己免疫の検出と抑制においていくつかの間違いをする可能性があります。 自己免疫疾患で起こることは、自己免疫の場合だけでなく、疾患の症状として現れる細胞/組織に非常に多くの損傷と戦って蓄積することを免疫系自体が拒絶することでもあります。

この連鎖(自己免疫疾患で終わる)は、遺伝子と環境の間の相互作用の結果です。 これは、免疫系がそれ自体(私たちの体)を「占有者」から区別するのをやめる要因の理想的な嵐です。 AIPは、免疫システムを制御し、これらの攻撃を停止し、体の治癒を可能にするために、食事とライフスタイルを使用する戦略です。

2 AIPは他の食生活とどう違うのですか?

自己免疫プロトコルと他の食事パターンとの違いは、AIPが「はい」と「いいえ」の間に線を引き、食事中の健康な化合物の最大量を取得し、有害なものの数を減らすことです。 健康状態の悪い人とは異なり、全体または健康な人は、最適ではない食べ物を許容し、それを買うことができます。 自己免疫プロトコルは、他の証拠に基づく食事療法の費用対効果の高いバージョンと見なすことができます。

自己免疫プロトコルは、栄養素(内臓、シーフード、野菜)が豊富な濃厚な食品に焦点を当てています。 ただし、AIPは、典型的な古ダイエットで許可されている食品を除外し、免疫システムを刺激したり、腸に害を与えたりします。特に、日よけ(トマト、ピーマンなど)、卵、ナッツ、種子、アルコールなどです。

3 AIPの目的、アイデア、戦略、焦点

AIPの目的は、体に栄養素を補給し、病気の原因となる、または体の回復を妨げる食品を回避することです。 AIPは、私たちの健康を妨げている製品を排除する戦略です。 AIPはまた、特定の食生活の好みが残っている遠隔のカテゴリーの食品が、食事に再導入される可能性があることも規定しています。 AIPは終身刑ではありませんが、私たちの体が食べ物、ライフスタイル、環境にどのように反応するかを理解し、個々の健康問題を考慮に入れるツールです。

AIPの考え方は、それが健康への全体的なアプローチであり、食事に限定されず、免疫機能の管理者にとって重要な生活の他の要因、すなわち腸やホルモンにも焦点を当てているということです。

AIPの焦点:十分な睡眠、ストレス管理、疲労の回避と過度の運動、アクティブなライフスタイルを導きます。 これらのすべての要因とそれらの関係は、腸内微生物叢と免疫系に直接影響します。

  • 慢性ストレス+過労-腸透過性の増加;
  • 睡眠+ストレスレベル+活動-ホルモンの主な管理者;
  • ストレス+疲労-体を炎症に対してより脆弱にします。
  • 免疫システムの規制面は、私たちが眠っているときに最も活発であり、睡眠の質はストレスに関連しています。
  • それどころか、コミュニケーション+自然の中での時間は、免疫や他のシステムの健康に貢献しています。
4 AIP自己免疫プロトコルのしくみ

AIPの2 + 1タイプの製品

一部の食品はダイエット用のスーパーフードです。多くの有用な成分(たとえば、ほとんどの野菜、シーフード、内臓肉、つまり内臓)を含み、健康を損なうものはほとんど(またはまったくありません)。

他の製品は「失われている」:それらは健康を強化する成分を欠いている(または持っていない)と同時に、問題のある化合物で満たされている。 「非当選」食品の例には、グルテンフリーのシリアル、ピーナッツ、およびほとんどの大豆製品が含まれます。

両極端の間に、「灰色」ゾーンからのXNUMX番目のタイプの製品もあります。 トマトのように:それらはいくつかの栄養素を含んでいますが、免疫系を過剰刺激するいくつかの化合物も豊富です。 トマトはワクチンとして研究者によってさえ使用されました、 アジュバント .

AIP自己免疫プロトコルのしくみ

古自己免疫プロトコルは、慢性および自己免疫疾患の重要な要素である1200つの重要な領域に対処することによって機能します。 XNUMX件を超える科学的研究から収集された情報に基づいて、これらのAIPダイエットおよびライフスタイルガイドラインは以下を目的としています。

1.栄養素の密度。 免疫システム(そして実際、体内のすべてのシステム)は、正常に機能するために多くのビタミン、ミネラル、抗酸化物質、必須脂肪酸、アミノ酸を必要とします。 微量栄養素の欠乏と不均衡は、自己免疫疾患の発症と進行の主要な要因です。 最も栄養価の高い食品の消費に焦点を当てることで、相乗的な微量栄養素の余剰分が免疫系、ホルモン系、解毒系、神経伝達物質の生産の調節をサポートすることで、欠乏症と不均衡の両方を修正できます。 栄養素が豊富な食事は、体が損傷した組織を癒すために必要な構成要素を提供します。

2.腸の健康。 腸内細菌異常症と「漏れやすい腸」は、自己免疫疾患の発症における重要な要素です。 自己免疫プロトコルで推奨されている食品は、腸内の健康なレベルと健康な微生物の成長をサポートします。 腸の粘膜や微生物の微生物組成を刺激または損傷する食品は避けてください。 代わりに、腸とマイクロバイオームのバリア機能を回復させ、治癒を促進する製品を選ぶ価値があります。

3.ホルモンの調節。 私たちが食べるものは、いつ、どの程度、免疫系と相互作用するさまざまなホルモンに影響を与えます。 食事の要因(時間の経過とともに分解される健康的な食事ではなく、高糖食品や定期的なスナックなど)がホルモン調節を妨害し、免疫系がそれらに曝される(通常は刺激される)場合 AIPは、ホルモンの調節を刺激し、免疫システムを刺激するように設計されています。 ホルモンはまた、私たちが眠る量、屋外で過ごす時間、得られる活動の量と種類、そしてストレスをどの程度軽減および管理できるかに依存します。

4.免疫システムの調節これは、腸内の健康な微生物と健康な微生物の量を回復することによって達成されます。 そして、腸のバリア機能を回復させることにより、免疫システムの正常な機能と主要なホルモンの調節に必要な十分な数の微量元素を提供します。 AIPダイエットとライフスタイルは、免疫力を調節するリソースと能力の両方を提供します。 組織治癒と組み合わせた免疫調節は、自己免疫疾患の症状の軽減を正確に説明するものです。

炎症はすべての慢性疾患の要因であり、食物が重要であり、大きく変化する可能性がある領域です。 いくつかのケースでは、それ自体を適切に制御しない免疫系が病気を引き起こします。 他の場合では、それは病気の要素またはその発生の原因にすぎません。 しかし、炎症は常に存在しています。 これは、炎症を軽減し、免疫系に必要なリソースと自己調整を提供することで、慢性疾患の治療に役立つことを意味します。 炎症は私たちの食事療法、私たちの良い睡眠、ストレスに対する私たちの感受性、私たちの活動によって決定的に影響を受けるため、これは重要です。 だからこそ、慢性疾患は私たちのライフスタイルの変化に前向きにそして顕著に反応することができます。

食品が慢性疾患の治療効果を発揮することが重要ですが、これによって食品が治癒するわけではありません。 闘おうとしている病気、その期間、攻撃性、特定の合併症に応じて、食事の変化は完全な回復をもたらしたり、病気の進行を遅らせたりします。 これらは闘争に値する成功です。 良い食生活はあなたが頼る万能薬ではないかもしれませんが、それは助けることができます。

自己免疫プロトコルの条件に同意すると、食品の選択は回復を維持するために栄養素を食べることに集中します。 これらは、自分自身への攻撃を停止し、すでに損傷した組織を修復して健康になるために必要なすべてを体に提供する製品です。 これらは、タンパク質、炭水化物、脂肪-正常な代謝、新しい組織の構築、ホルモンの産生、重要なタンパク質、シグナル伝達分子です。 また、炎症を取り除き、免疫系を調節し、すべての身体系の正常な機能を維持するために、脂溶性および水溶性のビタミン、ミネラル、抗酸化物質の範囲を含んでいます。

5 AIPに適した人と適していない人

この ダイエットは適切です 自己免疫疾患と診断された、または疑われる人。 腸を刺激し、細菌異常症を引き起こし、免疫系を活性化する食品を含まない食事。 それは十分な栄養素を持っているので、栄養物は生涯にわたって付着することができます。 あなたの自己免疫疾患が私たちのリスト外の特定の食品に対する感受性を引き起こす場合は、検討する価値があることに注意してください。

食事は適切ではないか、困難を引き起こす可能性があります 菜食主義者とビーガンのために AIPには、肉と内臓の消費、および豆類、大豆、ナイトシェードなどの製品の除去が含まれます。 そして、菜食主義者とビーガンがまだ最初の問題に対処できる場合、重要なマメ科植物の除去は大豆が食事の重要な部分であるため、より困難になります。

6 AIPダイエットの長所と短所

自己免疫プロトコルについて話す場合、この戦略の長所と短所を組み合わせることができます。

短所:一方で、これは制限的な食事であり、食事から身近で手頃な価格の食品の重要かつかなりのリストを削除するため、このタイプの食品への移行が複雑になります。

しかし、同時に、自己免疫プロトコルは排泄ダイエットです(AIPへの100%のコンプライアンスは排泄フェーズと呼ばれることが多い)。 そして、あなたが避けた食物を再導入することは、一生を通じて健康を最適化するためのこの除去食の一部です。

再導入の詳細、特にその方法、それをいつ行うか、どの製品を最初に入力するかを学びます。 ここで.

ある人がAIPに非常に気分がよくなったとき、彼は再紹介を試みることを恐れるという共通の経験があります。 しかし、再導入は健康への道の重要なステップです。 どうして? 押収された一部の食品(卵、ナッツ、種子、ココア、乳製品など)は、栄養価が高く、体に十分吸収されれば、食事中の栄養素の全体的な密度を改善できるためです。

さらに、ダイエットに柔軟性がある場合-生活が楽になるほど、レストランで、または旅行中に、ビジネス会議で、友人との会議で、または別の社会的状況で食べることの困難さが少なくなります。 そして、繰り返し紹介から受け取るあなたの知覚の知識は、新しい機会を与えます。 再導入がうまくいけば、食事に追加する必要のある新しい食品ができ、多様化することができます。

欠点は、再導入が難しいことです。 再導入しても失敗することを理解することは重要ですが、疾患に影響を与え、それを引き起こす要因や製品について知らせる重要な情報にもなります。 将来的には、どの面を交差させてはならないかがわかります。

再導入が悪い場合(起こりますが、非常にまれです)、AIPは回復のための優れたツールセットであり、迅速に回復するためのスキルと知識があることを思い出してください。 100%AIPに戻り、睡眠を調整し、気分が良くなるまで活動を減らします。

7 研究と可能性

1200以上の作品に依存 研究、AIPは臨床試験からの証拠によってサポートされています。

現在、サラバランタイン(PhD)のパレオアプローチはAIPの最新ガイドであり、ミッキートレスコットの自己免疫治癒ガイド(ミッキートレスコット、NTP)とアンジーアルト、NTCです。 、CHC)-自己免疫プロトコルに従うのに役立つリソース。

Skopincev
ドミトリー・スコピンツェフ

神経科医、かかりつけの医師、アーユルヴェーダの医師、理学療法士、アーユルヴェーダクリニックサレンデュラ(ハンガリー)の創設者および主治医

 

医学は多くの自己免疫疾患を知っていますが、特定の症状には含まれていない多数の反応もあります 鼻の グループおよび特定の診断では説明されていませんが、人の生活を妨げています。

AIPプロトコルは、これらの問題から人を救うことを目的としていますが、いくつかの「問題」があります。

まず、AIPの点で有益な製品がいくつかありますが、人の体が、たとえば動物の内臓の肉にどのように反応するかはわかりません。 人は酵素、またはそれらを分解するために必要な他の酵素を欠いている可能性があります。 そして、人間のそのようなタンパク質のグループのために、新しい免疫複合体が作成されます。 そして免疫複合体はすでに感作メカニズムであり、免疫系を刺激し、より攻撃的にします。 これがXNUMX回またはXNUMX回発生する場合は、免疫システムの記憶に支配的です(記憶のキャリアである特定の細胞および分子があるため)。 免疫システムは、特定の製品に対してそのような反応があったことを覚えており、製品が再び身体に入ると、それ自体の胃腸管に攻撃性があります。 科学は、自己免疫が生じる主な製品(乳糖、グルテンなど)を知っています。 自己免疫疾患の複雑さは、ある人がプロトコルからのものを含め、製品に対して逆説的な反応を持っているかどうかを確実に誰も言うことができないことです。

次に、ダイエットをすべての中心に置かないことが重要です。 リスト(ダイエットリスト)に含まれている製品の品質が栄養に大きな役割を果たしているためです。 スロベニアではパンが簡単に食べられ、ハンガリーでは食べられない人々がいます。なぜなら、グルテニンを決定し、体によってどのように認識されるかは、パンや小麦によって異なるためです。

第三に、それは消化管の強さを考慮する価値があります。 一部では、消化管は、不要なものすべてを処理および処分できます-セルフクリーニングを提供します。 そして、他のPTではそれは非常に弱いので、自己免疫複合体の源となり得る。 路の強さと効率は、神経系の状態に依存します。 そして、神経系-社会的条件から、人間の体質から、性格から、ストレス。

自己免疫疾患にかかっている人は、AIPダイエットを試すことができます。 しかし、他の病気と同様に、自己免疫グループは包括的に取り組む必要があります-人間の意識で働き、神経系で働き、人間の社会的状態を回復し、高品質の食品を食べる必要があることを理解し、個々の体が消化できる限りのことを行います。

出所: thepaleomom.com
翻訳: Rhythms Media.ink
コラージュ: Rhythms Media.ink

人気の素材

乗った ベータ版 ウェブサイト rytmy.media。 これは、サイトが開発およびテスト中であることを意味します。 これにより、サイト上のエラーや不便の最大数を特定し、将来的にサイトを便利で効果的で美しいものにすることができます。 何かがうまくいかない場合、またはサイトの機能を改善したい場合は、都合のよい方法でご連絡ください。
BETA