社会は私たちに年を取り、気分が悪くなるように説得し、私たちはそれに従います。

精神科医のエレンランガーが1979年にこの実験を開始したとき、彼女は大胆な理論をより大胆な実践で証明することを好む専門家としての評判をすでに持っていました。 ヘレンは退職者を中心に練習しました。

XNUMX年前、彼女はコネチカット州のアーデンハウスで高齢者を対象とした真に革新的な老年学の実験を執筆し、高齢者の世話は思ったほど良くなく、誰よりも早くあなたを埋めることを証明しました。疾患。 実験は、研究された無力症候群の研究の一部となった。

しかし、ランガー夫人はそこで止まるつもりはありませんでした。 彼女は老後のハローを完全に破壊し、私たちが若いと思っているのと同じくらい私たちが若いことを証明しようとしていました。

Для нового експерименту Елен відібрала вісім чоловіків. Середній вік випробовуваних – 75 років. Всі вони повинні були тиждень жити в переобладнаному для науково-мирських потреб монастирі в штаті Нью-Гемпшир. Піддослідні ще не знали, що саме їх чекає. Все, про що їх попросили – не брати з собою книжки, журнали або фотографії, що з’явилися менш як 20 років тому.

1959人の男性がXNUMX週間を過ごす予定の家に入ったとき、彼らは気を失いました。 彼らは過去に移動したかのようです。 具体的には-XNUMX年。 白黒のテレビ、古い記録、棚の本、カレンダー-すべてがXNUMX年前の現実にそれらを戻しました。

さらに:実験の参加者は、庭にいるかのように服を着て行動するように求められ、真実は1959です。 そして彼らにとって、したがって、75年は受粉されておらず、55年は熱心です。

Спочатку здавалося, що подібне неможливо. Як викреслити останні 20 років з життя? Швидко з’ясувалося, що дуже навіть легко. Без зв’язку із зовнішнім світом, у якому все ще володарював 1979 рік, чоловіки почали говорити, жити і навіть думати так, ніби опинилися в 1959-му.

スタッフはそれに応じてそれらを扱いました:重いバッグを持参したり、棚を再配置するのに役立つ提案はありません。 薬を服用したり、トイレに行くことのリマインダーはありません。 すべて自分で!

Уже тиждень експерименту дав приголомшливі результати. У більшості досліджуваних покращилася постава, гнучкість, м’язова сила, зір (на 10%!) І пам’ять. Тобто всі ті параметри, які не щадить вік. Крім того, з’ясувалося, що у 63% учасників в кінці експерименту результати тесту IQ були вище, ніж на початку.

最も興味深いのは、実験の参加者が外側で若返ったことです。 実験前後の彼らの写真はランダムな人々に見せられました。 写真を見た人たちは、「後」の写真では男性は平均してXNUMX歳若いと思っていました。

Тобто експеримент довів, що наше самопочуття безпосередньо залежить від нашого оточення і моделі, яку воно нав’язує. Якщо ти в 70 будеш називати себе дідусем, скаржитися на старість і просити всіх підряд перевести тебе через дорогу, ти будеш відчувати себе як старий.

しかし、社会の不機嫌な退職者に対する要求を無視する勇気があり、95歳で死んでも45歳であると考えるまでは、長生きするだけでなく、健康的でアクティブで幸せな人生を送るチャンスがあります。

2009年に、エレンランガーは彼女の実験に基づいて彼女のベストセラーの本、カウンター時計回りを書きました。 オンライン版は英語で見つけることができます。 英語がわからない? 何もない、勉強。 若い年齢では、唾を吐く時間です。

出典: マキシモンライン
コラージュ: カリーナ・グリリュック

人気の素材

乗った ベータ版 ウェブサイト rytmy.media。 これは、サイトが開発およびテスト中であることを意味します。 これにより、サイト上のエラーや不便の最大数を特定し、将来的にサイトを便利で効果的で美しいものにすることができます。 何かがうまくいかない場合、またはサイトの機能を改善したい場合は、都合のよい方法でご連絡ください。
BETA