「Taming」の著者である神経生理学者John Arden 扁桃体 "、意識の実践が基づいている原理と生理学的プロセス、およびそれが現代人になぜ必要なのかを説明します。

何千年もの間、人々はさまざまな文化や宗教にまたがる気づきとリラックスのテクニックを生み出してきました。 これらの習慣は副交感神経系を活性化しましたが、その存在を当時誰も知りませんでした。 今日、科学者たちは、私たちが平和と「心の沈黙」を達成したときに脳に何が起こるかをよりよく理解しています。

副交感神経意識

人生でストレスを一度も経験したことがない人に指を向けてください。 そして、森の奥深くに行くほど、困難になります。マルチタスク、サイドプロジェクト、自己実現の必要性、同時に優れた親子になること、趣味の時間を開発して見つけること...現実には私たちに必要なものは多すぎるようです。 その結果、すでに痛々しいほどよく知られている「慢性的なストレスと疲労」というフレーズが出てきました。 そして、心理的な観点からだけでなく、生理学的な観点からもです。

人がストレス状態にあるとき、筋肉の緊張は多くのエネルギーを奪います。 これは一種のエネルギー吸血鬼です。 だから人は疲れると同時に緊張する。 慢性的なストレスの影響は筋肉に徐々に蓄積され、必要以上に結合組織が形成されるにつれて筋肉が厚く、短くなります。 ストレスは、すでに活動している交感神経系の戦闘準備状態につながります。 そして、「ダブルアクティブ」神経系を獲得します。 楽しい少し。

私たちの祖先の命を救い、今でも私たちのために行っている主な反応のXNUMXつは、交感神経系を伴う脳の「鼓動または走る」反応です。 ただし、脳が常に警戒しているわけではありません。 正しく動作するには、脳が再起動する必要があります。 そして、ここでは反対の反応が起こります-気づきとリラクゼーション(「リラックス反応」)。 しかし、これらの反応は私たちの副交感神経系を引き起こします。それは抑制のプロセスに責任があります。

どの方法が使用されているか、どの程度、それらが現代医学、特に私たち一人一人に信頼されているかは問題ではありません。 何だろう。 視覚化、瞑想、祈り、さらには催眠さえも、オープンな注意の原則に基づく実践です。 彼らは共通の目標を持っています:興奮を減らし、神経プロセスの「抑制」のモードに入る。

意識と脳

ダライ・ラマはかつて「新しい発見が仏教の教義と対立するとき、それは科学と歩調を合わせて変化しなければならない」と言った。 多くの科学者による瞑想の研究は、意識が脳に良い影響を与えることを示しています。 たとえば、ウィスコンシン大学のリチャードデイビッドソンと彼の同僚は、人が意識的にそして一分ごとに人生を生きることに責任がある脳の領域を特定しました。

デビッドソンと同僚は興味深い実験を行いました:彼らは近代的な設備でチベットの僧侶の脳を研究しました。 何十年も同情について瞑想してきた僧侶たちは、眼窩前頭皮質のより活発な左側を持っていることが判明しました。 さらに、それは瞑想や同様の習慣をまったく行わない人々よりも彼らのほうが厚いです。 これが彼らが人生をより積極的に見る理由の一つです。

実験中、僧侶たちは共感と哀れみの感情を「含める」ように求められました(これは彼らにとって難しいことではありません)。 デバイスは、この時点で多くの神経接続が同時に活性化されることを示しました。 ニューロンが同時に同期されると、脳は25秒あたり40〜XNUMX振動の周波数の信号を生成します。 ガンマリズム 。 興味深いことに、ガンマ波は僧侶が意識的に瞑想しているときだけでなく、他のときにも活発です。 気づきは生理的レベルで脳を変えることがわかります。

意識のXNUMXつの科学的原則

意識と意識的な瞑想は、脳の特定の領域に影響を与えます。 たとえば、前頭前野は、主に瞑想の焦点である反射のプロセスに関与しています。 脳のこの領域は、「反射」の中心(または認識の中心)と呼ばれます。 そして、これは私たちの脳の副交感神経(「抑制」)システムによるものです。 なので?

副交感神経系の活性化にはXNUMXつの基本原理があります。 これは、ヨガ、瞑想、リラクゼーション運動、催眠術、およびその他の同様のテクニックの基礎です。

1 リズミカル呼吸:

人が彼の呼吸を監視し、深くそして意識的に呼吸するとき、脈は遅くなり、そして全体的な落ち着きがあります。

2 集中した注意:

それは、「今ここにいる」という現在の瞬間にいることを可能にする「開かれた注意」です。 この状態は前頭前皮質を活性化し、私たちの脳の主要な「警報ボタン」である扁桃体(アーモンド型の体)と交感神経系の活動を抑制します。

3 穏やかな雰囲気は注目の集中を促進します:

そしてしばらくして、あなたが訓練すると、人は大声で彼の隣にいても、静かに静かにでも、意識的にリラックスする能力を発達させます。

4 重要な状況と状況の受け入れの位置:

人が期待を放棄し、何が起こっているのかを観察し、評価しない場合、ストレスは通り過ぎます。 彼らが言うように、長い間川のそばに座っていると、あなたの敵の死体が浮かんでいるのを見ることができます。 もちろん、それは敵についてではありませんが、真実の粒度はそこにあります。

5 リラックスしたポーズ:

ストレッチ運動はナンセンスではなく、ヨギの気まぐれではありません。 彼らは科学的な説明がある利点をもたらします。 脳は絶えずそれに流れるために血液を必要とします。 ストレッチ中、酸素が奪われた血液は、O2の新しい部分のために肺に戻されます。 これは、酸素で十分に飽和したそのような血液の流れをサポートします。 このメカニズムにより、脳は完全に機能し、ストレスを和らげます。

6 観察:

細部まで気を配るのではなく、ストレスから自分を遠ざける方が良いでしょう。 この観察位置には副交感神経系が含まれます。 そして時々-より速く、より速く。

7 感情の命名:

人が自分の名前で電話をかけると(その結果、気づくと)、扁桃体の活動が減少し、前向きな感情の原因である左前頭葉が活性化されます。 これは、視覚化する方法を使用した研究によって証明されています。

これらの原則は、脳をリフレッシュし、集中力を高め、エネルギーを高め、落ち着いた気分にさせることができる実践としての使用説明書と見なすことができます。 神経生理学者は、気づきとリラクゼーションがストレスレベルを増加させることに注意します。 したがって、XNUMX日数分を使って、脳を穏やかな波に再調整するために許容できるとわかっている練習に専念できます。

出典: アイデアノミクス
翻訳: Rhythms Media.ink
コラージュ: ビクトリア・マヨロバ

人気の素材

乗った ベータ版 ウェブサイト rytmy.media。 これは、サイトが開発およびテスト中であることを意味します。 これにより、サイト上のエラーや不便の最大数を特定し、将来的にサイトを便利で効果的で美しいものにすることができます。 何かがうまくいかない場合、またはサイトの機能を改善したい場合は、都合のよい方法でご連絡ください。
BETA