私たちの感情的なストレスを取り除こうとすると、私たちの心を混乱に変える「認知的ショック」に陥る可能性があります。 エズラバイダは、これを回避するためにXNUMXつの簡単な質問をします。

エズラ・バイダ
エズラバイダ

アメリカの禅活動家、著者、禅教師、サンディエゴ禅センターの教師(伝統的な用語を使わずに仏教の基本的な真実を示す運動の最前線):

への最近の旅行中に アルカトラズ刑務所 私はエキサイティングな体験をしました-私は廊下を歩き、独房に立ち、これらの壁に投獄されているのがどのようなものか想像しようとしました。 機能している刑務所として閉鎖される前は、すべての囚人が独房に隔離されていたという点でアルカトラズはユニークでした。 罰と同じくらい夜に独房に入れられた囚人の話を聞いた。 彼はシャツからボタンを引き裂き、空中に放り投げた。 それから彼はひざまずいて彼女を探し、それから彼女を再び投げました-ただ暗闇の中で夢中にならないために。

この例は私たちとは何の関係もないように思えるかもしれませんが、真実は私たち一人一人がボタンを押すという暗闇と戦略を回避する私たち自身の方法を持っているということです。 彼らはより賢く、より生産的に見えるかもしれませんが、彼らはまだ彼らの問題を回避しようとしています。

不快を避けたいという欲求は人間の精神に深く根ざしているようです。 結局のところ、私たちが生命のコントロールを失っているように思われるとき、私たちは自然に慰めと安心を求めたいのです。 しかし、生命が制御不能であるという感覚は新しいものではありません。 仏が2500年以上前に言ったように、私たちは常に人生が不快感と欲求不満に密接に関連しているという事実に対処しなければなりません。 私たちは常に多くの問題を抱えています-財政的安全、関係の難しさ、彼らの健康への恐れ、成功と認識の追求、すべてがうまくいかないという心配などです。 そしておそらく最大の問題は、私たちがまったく問題を抱えたくないということです。 だからこそ、今の私たちの生活はストレスに満ちています。

多くの人々はそれが彼らに精神的な苦しみから平和と安心をもたらすことを期待して瞑想の練習を始めます。 もちろん、ある程度、瞑想はこれを与えることができます。 しかし、感情的なストレスに悩まされている場合、このツールについて考えることができれば幸運です。 瞑想を忘れることができなかったとしても、問題に直接対処せずにただ座って息をするという事実自体が、深く永続的な平和をもたらすことはまずありません。 問題は残ります。

時々、感情が異常に強いとき、足の下の地面が失われ、完全に無力であるという非常に不快な感情に圧倒されるとき、そのような瞬間に私たちが知っていることを覚えることは特に困難です。

それはもっともな理由です。 私たちがストレス状態にあるとき、「新しい」または認知脳はその機能を果たすのをやめる傾向があります。 この現象は「認知的ショック」と呼ばれ、認知的心の基本的な機能を無効にします。 思考の脳が創造的な休暇にあるとき、私たちははっきりと考えることができません。 認知ショック中 「古代」の脳生存と保護に責任があります。 この時点で、私たちは攻撃、逃亡、麻痺する可能性がありますが、これらの行動はどれも意識を高めません。 繰り返しになりますが、私たちが認知ショックの状態にあるとき、少なくとも目覚めたいという私たちの願望を思い出すことができれば、私たちはとても幸運です。

感情的な痛みの暗い泡立つエネルギーによって明快さが陰になっているときは、現実に戻るためのいくつかの簡単な注意が必要です。

この質問: 目を覚ますのに役立つものは何ですか? この包括的な質問への答え 非常にシンプルなXNUMXつに分けることができます、具体的で小さな質問。それぞれの質問は、明確にする方法を見つけるのに役立ちます。

だから、ここに私たちが目を覚ますのに役立つ5つの質問があります

1 今何が起こっているのですか?

この質問には、実際の状況を正直に認識する必要があります。 しかし、そのためには、何が起こっているかの解釈と状況の実際の事実との違いを理解できなければなりません。

たとえば、 失業や貯蓄が一晩でなくなってパニックに陥った場合、恐れにとらわれて遠近感を失ってしまいます。 しかし、今、本当に何が起こっているのでしょうか。 私たちは通常、ホームレスと飢餓の脅威についての執着に苦しんでいるのではなく、 リアル 空腹を経験し、あなたの頭の上に屋根を失いますか? 私たちの考え、私たちが信じる信憑性、そしてしばしば未来への否定的な認識に基づいている信憑性を明確に見る能力は、私たちが起こっていることの客観的な現実に戻ることを可能にします。

別の例: 感情的なストレスの渦に入るとき、私たちはほとんどいつも「何かがおかしい」、「何かがおかしい」、または他の人との関係や自分との関係がおかしいという考えを付け加えます。 さらに、ほとんどの場合、ストレスからの脱出方法について考えます。状況の修正、原因の特定、または状況の分析を行います。 つまり、感情的な問題を効果的に処理するには、実際に何が起こっているかだけでなく、私たちが作成した回避策、回避計画、判断を通じて状況に何をもたらしているかも明確に把握する必要があります。

私たちが思いついた話から私たちの問題のいくつが生じますか? 私たちのストーリーラインの放棄は、現在何が起こっているのかを理解するために重要です。 ストーリー全体を実際に見る必要があります。 私たちは常に自分の歴史のバージョンを頭の中で繰り返すのをやめ、その真実を疑う必要があります。 結局のところ、これらの考えがしている唯一のことは、私たちの痛みを伴う経験をサポートし、強化することです。 これは、私たちが正当化し、自分を責めるときに特に当てはまります。 最初の実用的な質問の課題は、「今何が起こっているのか」です。 -ストーリーの毒々しい悪循環から抜け出すのに役立ちます。

2 これを自分のやり方として見ることができますか?

この重要な質問を自問しないと、私たちの問題が目覚めの機会であることを思い出すことすらできません。 私たちの窮状が自由になるために私たちが取り組む必要があるものであることを理解することは私たちにとって重要です。

例えば、一番いらいらする人が鏡になります。 この人を「迷惑な仏」と呼ぶことができます-私たちが立ち往生しているものを正確に反映しています。 結局のところ、刺激は私たちが状況にもたらすものです。

困難な状況や感情は回避すべき障害ではないことを学ぶことは非常に重要です。 むしろ、これらの困難は道そのものです。 それは私たちの小さな保護された世界から抜け出す機会です。 より本格的な生き方に目覚める機会です。 この点の重要性を過大評価することは困難です。

私たちの困難が私たちの道であるという前に、この考えを聞いたことがあるかもしれません。 しかし、私たちが混乱の真っ只中にいるときに覚えておくよりも、これを知的に理解する方がはるかに簡単です。 どうして? 私たちは本能的に問題なく生きたいと思っているからです。 したがって、私たちは通常、ある時点まで快適さと安全性を追求し続けます (運が良ければ) 私たちは運命の打撃に十分に失望しません。 この時点で、戦略が何であれ、例えば: より多くの制御、より多くの努力、回避、他人のせい)は、私たちすべてが望む生活の質を決して与えません。 この時点で、人生の欲求不満が私たちの先生になると、私たちは自分の困難を目覚めさせる方法として使い始めることができます。

これの重要性を覚えていれば、実際に大きな一歩を踏み出すことができます。痛みを開いてそれを歓迎することができます。 私たちは自分たちの経験に抵抗し続ける限り、悪循環に陥ることを理解します。

3 私はどのアイデアを最も信じていますか?

私たちはどこに行き詰まっているのかを知る必要があります レーダーのような 信念。 そして、彼らとどのように連携するかを知る必要があります。 繰り返しになりますが、プロセスは「私の考えのうち、どれを最も信じるか」という質問から始まります。 ただし、答えが得られない場合は、インテリジェントなソリューションを探すのではなく、質問を破棄して、実際の体験に戻ってください。 その後、しばらくして、もう一度この質問をしてください。 遅かれ早かれ、辛抱すれば、答えはそれ自体で、時には洞察の形で現れます。

例えば、あなたの表面的な考えは、「受け入れることは不可能です」かもしれません。 この考えには怒りと欲求不満の保護的な声があります。 しかし、より深く探求するとき、私たちは素晴らしい発見をすることができます-私は全力を尽くして「私はこれを行うことができない」という考えを発見します。 そうすれば、自分自身をよく知るようになると、新しい定性的な理解レベルに移行できます。 このアイデアに何度も出会ったことはありませんか? この時点で、私たちは自分自身の根深い否定的な認識から構築された要塞を徐々に解体し始めます。 しかし、この場所にたどり着くには、最初に、私たちがどの考えを最も信じているかを見つける必要があります。

この質問に答えるのは、心を絵にとらえようとするようなものです。 特に私たちが真理について私たちの意見をよく聞くため、この質問を見逃す大きな誘惑があり、私たちが本当に信じていることを理解するのは難しい場合があります。 心を観察することで表面的な考えをはっきりと見ることができますが、最も深い信念は表面下に隠されたままです。 したがって、これらの根深い信念は、私たちにどのように感じて行動するかを指示することが多く、ほとんど無意識に機能し続けます。

例えば、私たちが神聖に信じている個人の不安についての私たちの考えは、特定の状況では表面に現れないかもしれません。 私たちはしばしば彼らの存在を知らない。 しかし、彼らの有毒な痕跡は私たちの怒り、抑うつ、罪悪感と恥の感情に現れています。 私たちが信じており、非常に隠されているこれらの不安の思考は、 レーダー、そして私たちはしばしば私たちの真実の信念が古典的な自己実現預言であることを確認するそれらの経験を探します。

例えば生命が危険だと思うなら、あなたが確認する必要があるのはあなたが予想したよりも少し大きい請求書を手に入れることだけです。 そして今、あなたの心は死のシナリオを織り始めています。

4 それは何ですか?

この質問は 最も重要なそれは コアノム禅合理的な心がそれに対する答えを見つけることができないからです。 唯一の答えは、私たちが現在の瞬間の肉体的な経験に直接取り組むことができるときです。 今、「これは何ですか?」と自問してください。 あなたがストレスを感じていなくても、この質問は現在あるすべてのものに当てはまる可能性があります。 体の姿勢に注意してください。 身体に今どのような感覚が広まっているかを感じてください。 顔、胸、腹部の緊張を感じてください。 あなたの周りの環境に注意してください-その温度、光の明るさ、周囲の音。 現在の瞬間の感覚を体験しながら、体が息を吸ったり息を吐いたりしてください。 体験の「何」(「なぜ」ではない)に集中するときに、体のエネルギーを感じてください。 それで初めて、「それは何ですか」という質問に答えますか?

ストレスが存在する現在の瞬間に意識を維持することは困難です。 結局のところ、現在の状態をそのまま実際に体験するには、正当化、すべてを制御しようとする試み、しびれ、気を散らすことなど、最も身近な保護方法を放棄する必要があります。 これらの戦略の唯一の目的は、私たちがいる痛みから私たちを守ることです ノー 体験したいです。 しかし、これらの保護方法をあきらめ、肉体的経験を直接体験できるようになるまで、私たちは「私」の歴史にとどまり続け、現在展開している人生に気づくことはありません。

例えば、私たちが不安を感じる場合-この気持ちを避けたいのは当然です。 私たちは自分自身を何かで占めようとするか、もっと努力するか、何が起こっているのかを理解しようとすることができます。 しかし、「それはなんですか」と自問することができれば。 -唯一の重要な本当の答えは、現時点で、身体的なレベルで不安を経験する過程にあります。 しかし、私たちは尋ねません-「これは何ですか?」、これは分析の試みです-物理的な存在の正反対です。 私たちはただ尋ねます:それは本当に何ですか?

公案の質問 "これは何ですか?" 唯一の「答え」は完全な開放性の状態からあらゆる瞬間の真実の体験へと至るため、好奇心の質を高めます。 好奇心とは、未踏の領域、つまり自我が行きたくない場所を探検する準備ができていることを意味します。 好奇心により、私たちは非常にエッジに近づくことができ、最も深い恐れに近づくことができます。 真の好奇心とは、常習的な抵抗から生まれる「いいえ」を味わうのではなく、その粒子の最も複雑なものでさえ、私たちが経験に「はい」と言う準備ができていることを意味します。

私たちの経験に「はい」と言っても、その経験が好きであるという意味ではなく、受け入れる準備ができているということです。 これは、抵抗の「いいえ」を拒否することを意味するものではありません。 「はい」とは、単に「いいえ」に細心の注意を払っていることを意味します。 これは、私たちが好きではない人々、物事、恐れにもはや抵抗しないことを意味します。 その代わりに、私たちは彼らに心を開き、彼らを招待し、好奇心を持って彼らに挨拶し、実際に何が起こっているのかを理解することを学びます。

しかし、時々、心が自己疑問と混乱のパニックにあるとき、目を覚ますという欲求に戻るのは特に難しいです。 そのような瞬間に私たちの恐れに直面する意欲をどのようにして見つけますか?常に愛する私たちの能力を制限する恐れです? 闇が濃く感じられて何の役にも立たないとき、光に移りたいという欲求を忘れたときでも、胸の中心に深呼吸をすることが唯一の方法です。 息を吸い込むとき、私たちは、助けを必要としている友人や子供たちと同じ温かさと思いやりを示します。 私たちは心に息を吹き込むと、肉体レベルで私たちの存在の中心につながります。これは、愛する親切が周りにいないように見えても、自分に愛する親切を示す方法です。

私たちの問題も私たちの方法であることを思い出し、胸の中心にある不快な感覚を吸い込むことによって、現在の痛みを伴う感覚にとどまることを学ぶことができます。 「それは何ですか」という質問をする能力があることを理解することが重要です。 結果として私たちが発見したものを維持するには、多大な忍耐と勇気が必要です。 たぶん、少ししかできないかもしれません。 しかし、一度にXNUMX回の呼吸だけでも、私たちはがんばります。 私たちを癒すのは意識です。 私たちの存在の本質をもって、私たちが心と再会することを可能にするのは、意識です。

最近、前立腺がんにかかっているかどうかを判断するための医療処置が必要だと言われました。 前立腺癌の考えに対する恐怖と、以前の同様の処置の非常に不愉快な経験の記憶とが組み合わさって、恐怖と痛みを感じました。 長年にわたり、私は自分の恐れや愛着の多くから解放されましたが、私たち一人一人は自分の恐れを超えた顔をしており、私は病気や痛みに広範な経験を持っていますが、これらの状況は間違いなく私を自分に置きました。境界。

「今何が起こっているの?」という最初の質問に答えることは役に立ちました。恐怖に基づく考えを信じることによって引き起こされる不快感以外に、身体的な不快感はまったくないことがわかりました。 「この状況を自分のやり方だと思いますか?」と自分自身に尋ねることも役に立ちました。それは、私の愛着や恐れを扱う可能性を示していたからです。 「私が最も信じているアイデアは何ですか?」 「それは多すぎる」とか「我慢できない」などの考えがただの考えだったことがわかりました。当時はどれほど真実であったとしても、真実ではなかった考えです。

しかし、パニックとホラーに取り組むための本当の鍵は、「これは何ですか」という公案の質問に答えることから来ました。 その答えは、胸の圧迫感や胃の吐き気など、今の瞬間の身体体験に何度も戻ることでした。 時々、私は彼と一緒にたったXNUMX呼吸することができました。 時には感情が強すぎて、胸の中心にそれらの感情を吹き込み、同じまたは類似の病気に苦しんでいるすべての人を思い出し、すべての人に思いやりを表そうとすることができました。

結局、しばらく何をしているのかという質問で、自発的に投獄していた恐怖の刑務所の壁に溶け込み始め、抵抗する楽さと自由を体験することができました。

直感的に「これは何ですか」という質問の一番下に到達できると、私たちの経験は、どんなに不愉快であっても、常に変化しており、実際には、私たちが信じている思考、肉体的な感覚と古い思い出。 私たちがこれを見るとすぐに、苦しみの経験はバラバラになり始め、それほど長続きしないように見えます。 しかし、再び、癒しは意識をもたらします。

5 この体験を許可することはできますか?

快適さを求める人間の欲求は、不快な経験を修正したり取り除いたりしたくなるため、これを行うのは簡単ではありません。 私たちの経験を単純に許可することは、原則として、自分自身(および他の人)を修正しようとすることの無益さに不満を感じた後にのみ可能になります。 私たちが経験したくない感情を変えたり手放したりしようとしてもうまくいかないことを理解する必要があります。 私たちの経験を単純にするためには、痛みを押しのけることは感じることよりもはるかに辛いことを深く理解する必要があります。 この理解は知的ではなく、私たちの存在の中心に根ざしています。

私たちの経験をそれがそうであるようにすると、意識はより容量の大きい血管になり、その中でストレスは自然に崩壊し始めます。 意図的に周囲​​の空間や音、または皮膚を超えて接触する可能性のあるものをすべて受け入れるとき、それは意識のボリュームを高めるのに役立ちます。 このより広くより広々とした血管では、苦しみは重くて憂鬱なものから、より軽くより透明な純粋なエネルギーに変わることさえあります。 このエネルギーは、それを取り除こうとすることなく、自然に放出されます。

この最後の質問:「私はこの体験を許可することはできますか?」 それは私たち自身や私たちの経験に欠陥があるとはもはや考えないので、私たちに慈悲と愛情のある優しさの特質を示す機会を与えてくれます。 私たちは心の自己制限的な判断ではなく、心の広大な空間で生活する準備ができています。

これらのXNUMXつの質問は 「今何が起こっているの?」, 「これは私のやり方だと思いますか?」, 「私が最も信じているアイデアは何ですか?」, "これは何ですか?" и 「この体験をそのままにすることはできますか?」、-私たちの感情的なトラウマに対処するために必要な重要なステップを思い出してください。 私の生徒の何人かは、私たちが知っているすべてが一時的に忘れられている「認知ショック」の場合に、これらのXNUMXつの質問でポケットにラミネートカードを入れています。

ただし、これらの質問は単なる指針であることに注意してください。 手段と技術に迷わないことが重要です。 広い意味では、感情的なストレスのために、私たちは通常、怒り、恐怖、混乱の自立した刑務所の壁を握っています。 しかし、私たちの自主的な刑務所の壁が崩壊したとき、残っているのは私たちの絆の結束だけです。

出所: lionsroar.com
翻訳: アンドレイ・グラシコ
コラージュ: カリーナ・グリリュック

人気の素材

乗った ベータ版 ウェブサイト rytmy.media。 これは、サイトが開発およびテスト中であることを意味します。 これにより、サイト上のエラーや不便の最大数を特定し、将来的にサイトを便利で効果的で美しいものにすることができます。 何かがうまくいかない場合、またはサイトの機能を改善したい場合は、都合のよい方法でご連絡ください。
BETA