私たちはロバート・スボボーダの手紙の翻訳を公開しています。これは、孤立した生活から通常のリズムへの移行のためのナビゲーションになることができます。

svoboda
ロバート・フリーダム

アメリカの作家、アーユルヴェーダ博士は、インドでアーユルヴェーダを実践する資格を与えられた西洋の最初の男(1980年)で、PRO Altermed 2020カンファレンスの講演者であるアーユルヴェーダと世界の東洋の宗教について講演しています。

世界は孤立し、立ち止まり、再び開かれた今、私たちは過渡期にあります。 私たちの検疫は、多くの人にとって予期せぬ外傷的でした。 一部の人々は、弱体化した後、私たちに対して急いでいるかのように、最初から「自分たちの生活を取り戻す」ことが最初から始まると予想されています。 しかし、彼らが戻ろうとしている人生は消えたので、彼らは軌道が永遠に変わった世界に留まっています。 そして、ほんのXNUMXか月前には比較的合理的であったはずの期待が、今では非現実的になっています。

私たちの新しい世界への実際的なアプローチはむしろゆっくりと移行することです 隔離 、次第に内在する存在からオープンへと展開していきます。 このプロセスを呼び出すことができます サンディ (sandhi)、一緒に結合されているXNUMXつのことを示すサンスクリット語 英単語 join , ジャンクショ​​ン サンスクリット語のヨガの起源でもある原始インド・ヨーロピアン・ルート・ユーグ(例)から来ています。

身体の接合部は、条約や国間の境界、メロディアスな言葉の組み合わせ、地平線、そして好都合な瞬間のような「つながり」です。 ヴェーダ時代に最も重要な Sandhami 崇拝のためでした 三砂 -光の性質の変化をもたらした一日のXNUMXつの瞬間:

  • 夜明け(闇から光への移行);
  • 正午(光が最大に達し、夜明けから日没に向かって減少するまでの範囲)
  • 日没(暗闇から光への移行)。

アーユルヴェーダは、ヴァータドーシャはいつでも悪化する可能性があることを教えています。 rtusandhishu vyadhayoh jayante (「病気は季節の合流点で生まれます」)。 睡眠から覚醒へ、またはその逆への移行において、私たち一人一人が日常的に無意識に同意するすべての「つながり」は、私たちの健康にとって重要です。 多くの人は、ベッドから飛び出してすぐに行動する習慣を持っています。体が暖まって、まだ眠りの慣性から昼間の動的な慣性に徐々に移行することはできません。 この焦りは自然なリズムを乱します プラーナの生命力 -それは生理学的な不調和として肉体を通して現れます。 この活力の不調和は、興奮剤と単純な炭水化物による血糖の不均衡によっても悪化します。 過去の悲しみと未来への恐怖(ヴァータの種類に固有の悲痛で騒々しい感情)を追加すると、接続の不整合と不規則性が発生します。

XNUMX日で現れることは、季節、年自体、生命の「複合体」(出産、思春期、更年期/アンドロポーズ そして死)、外部から内部への転換(例えば瞑想中)、または集中治療からの移行。

満足のいく人生への鍵は、スムーズな移行であり、前の状態から優雅に離れ、次の段階へと徐々に加速し、目標を達成するために穏やかにそして系統的に前進します。 これは、すべての移行、特に私たちが強制的に孤立して公共の生活に戻った場合に適しています。 私たち一人一人が新しい人生を始めるチャンスを持っています。これは、この数ヶ月の孤独の欠如なしには不可能でしょう。

ユニテリアンの司祭であるウィリアムヘンリーチャニングは、南北戦争中に米国下院の女性参政権と牧師の十字軍を務め、彼の健康的な生活の理想を次のように説明しました。

«小さなコンテンツでライブするには; ラグジュアリーではなく、洗練ではなく、ファッションではなく、エレガンスを求めます。 価値があり、立派ではなく、豊かにではなく、豊かに生きること。 星と鳥、赤ちゃんと賢人に心を開いて聞くこと。 熱心に勉強し、冷静に考え、誠実に行動し、柔らかく話し、便利なケースを待つ。 急いではいけません。 一言で言えば、霊的、予測不可能、無意識の共通の平凡さを発芽させることが私の交響曲です'。

社会が再び切り替わるにつれ、私たち一人ひとりがこの素晴らしいアドバイスを心に留め、過去を残して次第に未来へと進んでいきましょう!

博士 ロバート・スボボーダ

テキスト: ロバート・フリーダム (Robert Svoboda、米国)
翻訳: アレクサンダーオスタニン
コラージュ:
ビクトリア・マヨロバ

人気の素材

乗った ベータ版 ウェブサイト rytmy.media。 これは、サイトが開発およびテスト中であることを意味します。 これにより、サイト上のエラーや不便の最大数を特定し、将来的にサイトを便利で効果的で美しいものにすることができます。 何かがうまくいかない場合、またはサイトの機能を改善したい場合は、都合のよい方法でご連絡ください。
BETA